須飼 秀和(すがいひでかず)

1998年にバイクで西日本を回る。そこで出会った人の温かさや風景に触れ、郷愁をテーマに絵を描く

 

1977年 8月 兵庫県明石市生まれ
2004年 3月 京都造形芸術大学 芸術学部 美術・工芸学科洋画コース卒業
2004年 8月 神戸新聞明石版、郷愁の風景ふるさとスケッチ掲載 全8回
2004年  12月 初個展 ギャラリー島田(神戸)その後06.08.10.12.13.14.15個展
2006年 4月 神戸新聞夕刊、毎月第1土曜日 「やわらかな情景」 絵・文 連載スタート
2006年  10月 岩波ジュニア新書 「長崎 南蛮文化のまちを歩こう 」 表紙絵・挿絵を掲載 
2007年 3月 京阪神エルマガジン社 「西の旅」 連載           
2008年 4月 毎日新聞夕刊毎週木曜日 「帰りたい」挿絵、掲載スタート
2008年  11月 岩波ジュニア新書 「地元学をはじめよう」 表紙絵
2009年 7月 初画集 「いつか見た蒼い空」 (株)シーズ・プランニングより発行
2009年 7月 明石市立文化博物館 「いつか見た蒼い空 須飼秀和展」7月25日から8月23日まで130余点を展示
2009年  11月 明石市へ明石の風景8点を寄贈、市長より感謝状を授与される
2010年 2月 TheROYAL 2・3月号 江田島・呉を旅し、絵・文を掲載
2010年 3月 明石市人権啓発カレンダー 表紙絵 「子午線のまち」
2010年 3月 兵庫県明石市、明石市歌(子午線のまち)と(明石のお城)が、CDジャケットと盤面を飾る。
2010年 4月 兵庫県揖保郡太子町立図書館、パンフレット 表紙絵
2010年 6月 南九州3県の魅力を紹介した作品を表彰する第三回南九州魅力発掘大賞で「帰りたい私だけのふるさと」が大賞を受賞する。挿絵が高く評価される。
2010年 12月 個展 須飼秀和展 ギャラリーゴトウ(銀座)
2011年 3月 明石市人権啓発カレンダー 表紙絵「魚の棚」
2011年 5月 大庭和昭・須飼秀和・東影智裕 三人展ギャラリールネッサンス・スクエア(姫路)
2011年 6月 岩波ジュニア新書 「さとやま」 表紙絵    
2011年  10月 「私だけのふるさと」 が第四回南九州魅力発掘大賞の新聞部門賞を受賞。昨年に続き挿絵が高く評価される。
2012年 3月 明石市人権啓発カレンダー 表紙絵(明石のお城)13年(明石港の風景)
2013年 3月 岩波文庫 「私だけのふるさと 作家たちの原風景」 発売
2013年 4月 毎日新聞兵庫版 兵庫県下の風景を絵・文 毎月一回 連載スタート
2013年  11月 週刊朝日・さだまさし小説 「ラストレター」 挿絵・掲載スタート
2013年  11月 兵庫県芸術奨励賞受賞
2014年 4月 「yaomania 」 大阪府八尾市観光協会が魅力を伝える季刊誌「ヤオマニア」が創刊。表紙絵と文章を掲載、 臨時増刊号も決定
2014年 6月 福音館書店・科学書 「うなぎのうーちゃんだいぼうけん」 発売はじめて絵本を手掛ける
2015年 2月 兵庫県播磨高等学校 創立100周年記念書籍 「やまと撫子を越えて」表紙と生徒が通う播磨地域の絵を十数点と文を掲載
2015年 3月 神戸新聞総合出版センター 季刊誌BanCul(バンカル)連載スタート 兵庫県、播州地域を毎号5ページにわたり絵と文章で紹介
2015年 4月 宝島社よりCD BOOK 「懐かしいあの頃の歌」 表紙絵
2015年 4月 個展 須飼秀和展 ギャラリー枝香庵(銀座)